• FX海外業者&バイナリーオプション海外業者





デイトレードの正体



デイトレードとは、その呼び名の通り、一日を単位とした投資取引を行う投資スタイルの事です。短期間の投資を繰り返して行い、小さな利益を積み上げていくことで、プラスを出して行く形になります。
その日の一日ごとに投資取引を確定させ、次の日に持ち越さないことが、デイトレードの最大の特徴になります。
これには、実は大きなメリットがあります。24時間いつでもどこかの市場が空いていて、常に値動きのあるFXでは、通貨を保持したまま日を越すと大きな損失を抱えていることがあるからです。世界各国の経済に関する事柄が大きく反映される為替市場では、例えば株価の思わぬ暴落やテロなどのニュースにより、思わぬ変動をすることがあります。朝起きて自分の取り引きを確認したら、相場の様相がガラリと変わっていて、予想もしない損失を含んでしまっていた、という話も少なくはありません。
リアルタイムで情報を追い続けるデイトレードでは、こうした思わぬリスクは全くありません。日々の新鮮な情報を細かく集め、常に相場の動きを確認しながら、タイミングを見計らって売買をしていくことになります。

このような観点から、鮮度の高い情報を精査して集めてくれる取引業者を選ぶことは、デイトレードをする上で強い味方になるでしょう。
また、通貨を保持している時間を短くし取り引き回数を増やすことで、一度に大きな損失を招くというリスクを拡散しつつ、相場を見極めて少額の投資で大きい利益を得る取り引きも可能になります。ただし、取り引き回数が増えるとそれだけ手数料もかさみ、それが大きなコストとして利益収集の足を引っ張ることにもなりますので、先の新鮮な情報を集めてくれる取引業者の条件に、手数料が安いという項目も付け加えておくと万全でしょう。
デイトレードという投資スタイルに人気が集まっているのは、こうした理由があるからで、一回の投資金額も低く抑えることができるということから、特に初心者にも優しい投資取引として注目を集めているのです。
実際には、パソコンなどの取引システムから常にレートの動きを監視しつつ、取り引きを行っていく必要があります。ここがデイトレードのデメリットと言えばデメリットになる部分でもあり、時間に余裕がない場合はなかなかできないトレードスタイルになります。また、取り引きの最中は集中し続けていることを求められますので、時には取引自体をいったん休んで、休憩を入れることも必要になるでしょう。

このデイトレードの中でも、その取り引きのこなし方や、売り買いの判断などで様々なスタイルがあると思います。
例えば小さな値動きに注目して、利益が少しでも出たところで利益を確定させてコツコツと積み重ねていくパターンもあるでしょうし、ある程度大きな値の変動を待ちつつ、損失が出そうになったら小さいうちに損切りを行って負けのリスクを軽減させていきながら、大きな利益が出た時に注文を確定させていく方法もあります。
前者の場合には、一般的に勝率6割が利益を産むラインと言われていますので、それを目指していく必要がありますし、後者の場合には、徹底した損切りを行いますので、常に冷静な精神力と相場を見る観察眼が必要になるでしょう。
これには相場全体の流れや、その人の個人的な相性や体調、精神状態も考えて、時には使い分けていくことも大切になるかもしれません。しかし、まず大切なことは、リアルタイムにある最新の情報を収集し、そこから分析と判断を繰り返しながら、予測をくみ上げていき、それを瞬時に売買注文に反映させていくことが求められると思います。
何よりも、まずは興味と関心を持つこと、そして情報を収集して分析をすること、これを常日頃から自分の中になじませていくことができれば、FXは必ずその努力に報いてくれることでしょう。